スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導入:超越的パラレリズムとは何か~自由行為

今回は、「自由行為」についてお話しします。
自由行為は、超越的パラレリズムにおける、一つの倫理的行為のことです。

自由行為とは、一言で言うと、結果を意図しない行為です。

何か結果を得るために、つまり意図された結果まで自己を接続、延長する行為、認識であるならば、予め知るべきものを知っているか、単に記憶しなければなりなせん。
だから、この種の記憶能力の地位は、思考法に比べて低い。思考可能なものだけが記憶可能です。
だから、この結果を意図する行為とは、思考による圧力を受けています。

そこで自由行為。
予め意図した結果を持たない自由行為、創造は、その意味では狂人的です。狂人と違うのは、創造を意図すること、意図のない行為を意図すること、行為の結果たる個別的表現を、接続する根拠としての、潜在的方法論を確立することです。
つまり、どうやって自由行為を行うのか考えねばならない、ということですね。

人間の本質には、行為する、ということが含まれており、それがなんら目的を持たないとき、創造となります。なんら強制されていないとき、己の本質に強制されて自由行為としての創造をするのであり、創造をしている、という感じが、喜びなのです。つまり己の力と行為のみによって、己の内容を変えた、特に思考のイマージュを変えた、という、己の先天的実存、アプリオリな本質に対する勝利の感じです。

あるいは、世界に全く新しい実質を与えた、という、世界に対する勝利の感じ。作るとは、予め在るものの支配に対する勝利であり、予め在る系列に対する、点的な自己根拠化です。

作るということが、外的目的に従属することを止め、自己目的となる、ということ。自由行為には、一人称的な創造行為と、二人称的な相互倫理行為がある。だから、資本主義は肯定されても、労働能力(とそれに対する賃金)によって、自由行為の自由が侵害されてはならない。労働能力、生物学的力能の異なるあらゆる程度の人が二人称関係をもつ自由こそ、階級の撤廃に繋がる。

あらゆる人のもつものは、能力(行為する能力)、具体的所有物、抽象的所有物(資本)に分けられ、資本主義においては、抽象的所有物によって、能力と具体的所有物が計測されます。ところで、目的に従属しない創造行為の能力は、いかに既存のものから切断し、それからかけ離れるか、いかに自分にショックを与え、既成の規定を逃れ去るか、が問題です。知るということ、つまり認識は、それ自身自己へのショックであるとき、外部から己の未知を取り込む、己の創造の力能を、外部から己にとって異質なものを積極的に取り入れ、既存の己が否定されるリスクを犯してでもそれを欲する、という、創造の力能を用いた、知らないことを知ることです。つまり、ドゥルーズにおけるシーニュですね。それは単なる堆積する知識、既存の体系を単に豊富にする知識でなく、思考法、方法論、体制の変化、そこで既存の知識の意味が変わってしまうようなそうした激変を、受け入れること。だから、方法論は新しくなければならず、思考法を産み出さねばならない。

そうして豊富にされた自己は、ある程度世界的既知に等しくなり、その既知の世界から自己を切断し、そこからかけ離れる準備ができる。かけ離れた個別的認識を散在させ、それらが新しい意味をもつ思考法を、いわば顕在的に判明にする。

これらが、自由行為の意義となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。