スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一章の終わり。 純粋同一性と、経験世界の成立。

ここまで、純粋同一性なる存在者のの離散している、経験から超越した領域について論じました。そこでは、創造の神秘性を、外部主義的に剥ぎ取ったつもりでした。新しいものがもたらされる、とは、かくも静的な営みであり、ドゥルーズの時間の第三総合に代表される、それ自身で生成しており、いわば経験的な生成の根拠となっているような、永遠生成の領域というものはない、と今は考えています。(前に、純粋生成の閉域と純粋同一性の離散とは同一視できる、といいましたが、それについては判断を保留させてください。私は、生成を神秘化するのでなく、生成の構造を明らかにしたいのです)。

純粋同一性の領域は、世界の集合ではありません。第二章は、世界について論じようと考えていますが、それを少し先取りすると、「世界は存在者であり、かつ歴史的である」ということが明らかになってきます。ここでは、一方でハイデガー、他方でメイヤスーの主張と、完全に食い違っていますね。ハイデガーなら、世界は存在者であるとは絶対言わないし、メイヤスーは、世界が歴史的である、という現象学的な世界観を否定したのでした。ハイデガーに反して、世界とは、経験的なものであり、超越論的なものでない。

しかし、またまた次章の結論を先取りすると、ここで世界を歴史的かつ離散しているものとして捉えることで、また実存者の構造の一般化を媒介することで、歴史性という相関主義的な閉塞を、外部主義的に解決したことになります。

諸世界もまた、己の内容(具体的歴史、実存者がその上で可能な場所)、つまり特異性によっているが、特異性の抽象性ゆえにそれでもって世界の固有の歴史性を演繹することは出来ません。「構成的現」こそ、歴史=場所を組織し現は「この」歴史の「この」性を担保するものとして、歴史そのものから超越しつつ、歴史=場所の特異性を基礎づける。あるいは抽象的存在者としての特異性に、具体的内容の極限を与える。それにより、場である関係=差異の差異化が生じる。この世界における関係=差異の絶えざる差異化でなく、他の世界=関係との差異化すなわちその世界が真に特異的となり、その関係=差異が、特異的に規定される。
しかし、その必要すらないのです。世界は、ある純粋同一性に関して、予め抽象的に特異的に構成されていた、現を構成している関係=差異が、当の純粋同一性の内容によって、一息に具体的となるのです。

記述が晦渋になってしまい申し訳ありませんが、詳細は次回以降お話します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。