スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一章 「存在と無」~『純粋同一性』と永遠生成の閉域 3

前回は、「有と無という二元論が、質料と形式という二元論に先行する」という言い方をしてしまいましたが、本当は、生成とは、質料と形式の二元論によってのみでなく、有と無の二元論の言葉によっても記述できる、という程度に捉えて頂けると助かります。

また、このもの性(実存)という条件と、その形である(形態性)こと、これらは別々の原理であり、それぞれ独立したものであることを、強調します。純粋同一性とは、この形であること、すなわち形態、ゲシュタルト、といったものに関係します。

純粋同一性とは、一言で言えば、可能な存在者の集合です。つまり、まだ現実化していない限りで、世界の外部に、非経験的なものとしてストックされています。つまりこれからお話しなければならないのは、なぜこの可能な存在者といったものが、必然的に世界の外部で集合を成していなければならないか、ということについてです。そのために、少しこの可能な存在者なるものの一層細かい規定をしていきましょう。

ある可能な存在者は、その現実化の条件として、他の存在者、系列、環境をもつと考えられますが(このあたりの記述は、ずいぶん前に書いたものであるので、少々荒いところがあります)、この条件は、当の存在者に予め含まれておらず、従って、その条件を自ら持たない限りで、この可能な存在者はただ己の内容によってのみ、世界の外部に離散しているのです。己の内容によってのみ存在する、とは、あらゆる他者と関係を持っていないということでありつつ、しかも内容をもつのであるから、最初の方で言及した無の点ではありません。有の点という言い方も出来るでしょう。しかも、です。なんとこの可能な存在者は、他者をもたないにもかかわらず、差異を持つ、と、当面は主張されます。差異とは、関係によって生じる、ということは理解できることです。不可識別者同一の原理に従うなら、互いに差異のないものは同一である、ということですが、そしてそれは、差異がそこで成立する場とか関係、世界といったものを前提するのですが、ここでは、差異があるのにも関わらず、彼らはその差異ある己の内容によって、関係を一切欠いたまま存在しているのです。関係や世界、及びそれを前提した不可識別者同一の原理が適用されないところで、己の内容の差異の根拠、理由をもたない、つまり絶対の差異をもつこのような有り方こそが、可能な存在者といわれるものです。つまりそれは、ネットワークを一切もたないまま、ネットワークによる機能化だとかそういうシステム論的な枠組みから外れた存在者なのです、さしあたっては。

そして、これらの可能な存在者は、どのようにして、従って何を条件として現実化するかは、予め決まっておらず、従ってその現実化の条件は、後から、アポステリオリに、経験的に定まります。

それは、予めー在る存在者であり、内容が完全に決定されていて、ただその現実化の条件だけを欠く。

なぜ可能な存在者、という概念が必然的であるのか、そのことについてはお話できませんでした。それは次回以降に回します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。