スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一章 「存在と無」~幾何学の問題―内部高次元と貫入の論理5

さて、今回も貫入の論理についての話ですが、ステレオタイプとの関連についてお話する、と予告していました。
しかし、そのためには、まず、世界の外部性、多世界性を語らねばなりません。

貫入とは、まず、物理的にはあり得ません。つまり禁止されているのです。逆に言えば、物質的世界以外の世界、領域においては、個別に絶対的・相対的法則、規則、ルールが存在するでしょうが、貫入は特別禁じられません。なぜなら、その領域における基礎存在者が、物質ではないからです。観念は、観念と相互貫入することがあり得ます。

最終的な現実とは、物質性が支配し、貫入は禁じられます。否、最終的な物質の支配などありません。それはルールを定められた一つの世界でしかないのです。

さてまた、自然世界内部では、その基礎存在者が物質であるがゆえに貫入は予め禁止されていますが、この自然世界そのもの、この領域そのものは、貫入は禁止されません。自然世界や観念世界を超越した、領域を可能にする領域は、最も緩い規則を持った、メタ的な場です。むしろ規則などなく、ただ、そこにおいて諸々の特異性を持った世界、領域が、その内部に散らばっているのを可能にしているだけです。

超越的な秩序、無意識等は、その本性において物質以前だから(物質の秩序と並行する別の秩序だから)、パラレルに離散する一方で、互いに貫入が可能です。それは、互いを写像で対応させる必要をなくします。

上にも述べましたが、空間において貫入が生じることから、空間は物質の次元でなくメタ的次元であることが明らかになります。空間とは、諸世界に対して一般的な概念です。

また、貫入とは、単に2つの集合の共通部分ではないのか、と考える方もおられましょう。その際、集合というとあまりに具体性を欠いているので、述語論理における、2つの述語の共通部分、つまり内包(つまり性質)の連言ではないのか。

貫入が、単に2つの集合の共通部分と異なるのは、まず集合論においては、共通部分の成員が、その2つの集合がそれぞれもつ性質を2つとも持っている、ということであり、この共通部分はまた集合なのである、ということです。
貫入とは、予め断ったように、混合とか混ざることといったこととは違います。貫入部分は、双方の項の性質を、貫入によって失わないのです。また双方は、貫入によっては、それがもつ実存性をいささかも失わないので、ある共通空間のある領域にて、2つの存在が、その空間の次元を上げることなく可能です。

貫入は、複数の存在が、同時に同じ場所にある、という物質的矛盾を、次元を上げることで解決するのではない、といったような、非物質的な事態なのです。

貫入は、それが生じている場所で局所的に次元が上がっていて、それが両者の独立性、並行性を可能にしながら、貫入面にて相互作用を可能にする、といったものでしょうか。すなわち、貫入の論理は、宇宙において様々に次元が異なった領域が存在する、という次元の非物質性、非一義性なのでしょうか。

例えば非物質的な、夢における人物や世界の貫入は、それを対象とした一つの超越自我が、あるいは貫入部に存在する内在自我が、どういう経験をすることなのでしょうか。

何度も強調しますが、貫入のメタ的秩序において、次元数の増加でもって貫入を物質の論理で解決するということは、そのまま貫入の物理的解決に過ぎないのです。

しかし私は、のちに考えを変えました。次元数の増加は、なんら物理的解決ではない。なぜなら、空間は物質的秩序に固有なものではない、つまり物理的世界の存在者たる物質に内在していないからです。

空間性ということが、あらゆる領域において認められる、というより領域の条件と領域の差異の条件となっているならば、様々な領域が、貫入によって、貫入先で己の秩序を維持しつつ、貫入面で、秩序の交錯が起こっている、ということです。しかもさらに言えば、次元数の増加による物理的解決など必要ありません。なぜなら、領域に固有の空間性は互いに異なるため、次元そのものが各々異質であり、それを上げることで各々の領域の存在者が同時存在可能になるような、さらに一般的な空間を要請する必要がないからです。一般的空間については、上にも述べましたが、アプリオリに各領域を可能にする、最も緩い空間性であって、それが禁止するものは何もありません、それはただ、包んでいるだけで、位置や次元、ルールといった物理的で抽象的な規定など一切持ちません。

達摩の空(くう)、法の空。矛盾は、貫入面で起こっているのと同時に、貫入そのものが物理的には矛盾であったのですが、寛大な空は、矛盾をも包み、あらゆる領域を包みつつ、自性を持たず、それらの好きなままにさせているのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだ貫入がうまくつかめません…
そこでお尋ねしたいのですが、貫入って外国語でいうと何ですか??

No title

コメント有難うございます。

貫入とは、左手と右手が触れて、そこで運動が停止せずに、互いの中に入りこんでいくイメージが分かりやすいかと。もちろん記事で強調しているように、物理的には有りえません。

外国語とのことですが、フランス語・英語の「injection」が近い、ということになるでしょうか。まあ文献研究から得られた概念でないので、外国語に適当な語句があるかは分かりません。

No title

すみません、勉強不足でした。
「貫入」に直接あたる用語はありませんが、貫入を
禁じることを表現した哲学的用語としては、ロックの不可侵入性(impenetrability)がありますね、ですから貫入を侵入可能性と置き換えれば、penetrabilityとなるでしょう。

わざわざありがとうございます! なんとなくイメージがつかめた気がしたのでもう一度読み直してみます

No title

コメントありがとうございます。

イメージが伝わったとのことで、嬉しいです。
私の方でも、今後はもう少し分かりやすい表現と、簡潔で
伝わりやすい日本語を心がけます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。