スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋同一性についての補遺②.

今回は、補遺として作用としての超越について語ります。なぜなら、超越作用は純粋同一性に深く関わってくるからです。

超越についての知。

超越とは、対象的なものでない限りで、無であろうか、それも作用的であろうか。もし後者ならば、存在に作用して、それを反復させることで、二つの存在の間、つまり存在者についての超越を生じさせるようなものであるだろう。

神ですら、超越作用によって反復されるし、それが神自身についての超越である限りで、神の絶対性も(唯一性という性格も?)失わない。神は自分も含めたあらゆる存在を反復できるが(それが神の個数における任意性つまり多神論ということである)、世界内の経験的実在は、少なくとも経験的には、己が包摂しているもの、つまり己の内的所有物しか反復対象がない。つまり超越作用の対象がない。

ある一回性の経験の反復が、一般性としての観念ではあるが、それは余りに経験心理学的、ヒューム的でしかない。己が有する、既知のもの、新しさのまるでないものが、反復=超越作用によって複製されつつ、その複製先が、まるで異なる領域だった場合、その領域の機能化や存在者の固有の規定等により、反復されたものは、結果としてまるで新しいものとなる。ドゥルーズ的な差異の反復でなく、反復先において偶然的に得られた、単なるアレンジでない、新しい存在者が問題なのである。

だから、純粋同一性とは、領域なき存在者であって、アプリオリに新しいが、それへの直接的アクセスというより、そのもの(原型、イデア)の、諸領域への反復が問題なのである。つまりプラトンにおける分有の問題。分有は分有でも、思考のイマージュや、諸領域への分有なのである。諸領域はそれぞれ生成するので、永遠に未踏破ではある。その意味の一つに、超越作用による反復がある。つまり、その領域に超越作用によってある存在者が反復された場合、それはその領域内部で連続的に導けないような、異質なものでありうる。それは、領域破壊的で有り得る。その場合というのは、当の存在者が、本質的に、その領域における存在者の定義に当てはまる場合である。もしその領域の存在者の定義をそもそも満たさないのならば、その領域の存在者ですらないのだから、反復自体が不可能である。だから、その領域の存在者の定義を満たしながら、しかも現状では論理的=存在論的に連続的に導けないという、その超越を解消するのが、存在論的演繹なのである。それが、領域の発展であり、演繹がプロセスであり生成である。これは、既在の観念の他の領域への反復であるが(つまり実存者の超越作用、行為、行動という、実存者内の事件・出来事であるが)、純粋同一性の反復とは、それに関して、あるいはそれに対応して経験世界が組織されることを思えば、経験世界の中心ではあっても超越であり、それ自体は不可知なものである。だからそれに関して組織された世界を構成する諸領域へと、それが人為的に反復されることで、それが領域横断的に伝播するのは、瞬く間であり、それはその世界を特徴づけるしるしとして、理念的に世界を統一していると言える。

ここで述べたことは、存在を世界に担保することで、世界の外部で存在=思考となって生成をプロセスとし、純粋同一性へのアクセスとする、という、今までの記事の考えかたとは、異なっています。それについてはまた詳論しますが、そういった存在=思考=生成ですら、無限定でなく、ある限定された領域に相関的であると言えるでしょう。つまり、思考=存在だったり、作曲=存在、プログラム=存在だったり無限の場合を考えられますが、また思考だけをとっても、どんな思考に相関的であるか、といった、下位分割が問題になってくるでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
スポンサーサイト

第一章補遺。アプリオリな形式の交差としてのリゾームモデル。

フランソワ・ラリュエルの「非哲学」によれば、超越論は超越的カテゴリーの統一であり、一なるものであるが、超越は多様なカテゴリーです。

今ここで、リゾームをいったん、ドゥルーズ的な発生的ポテンシャル(つまり超越論的で生成的な要素)から引き離してみましょう。つまりそれを、形而上学的・超越的な平面に置き直して、アプリオリな諸形式の交差である、としてみましょう。するとここで、リゾームとは前経験的・抽象的パラメータの交差であるから、認識論的かどうかも未規定な状態です。それは存在論的である限りで、存在そのものであり、経験的に外部にあった純粋な存在者の諸領域を結ぶ関係=場所として、存在そのものなのです。つまりそれは、諸領域内の純粋な存在者、及び実存の形式をもつ間世界的な存在者の相互的なアクセスを提供している。

諸形式は、抽象的である限りで、交差できます。もし諸形式が、何らかの内容に関する形式なら、それはパラメータです。また、パラメータの自己超克が、ドゥルーズにおける強度です。

逆に、抽象的諸形式に経験性が与えられない限りで、その個数及び交差は無制約的であるのです。もし経験性が与えられれば、リゾームは超越へのアクセスを失い、有限性へと囲い込まれてしまう。なぜなら、経験においては形式の純粋な交差は不可能であり、交差していたものは互いに超越するから、形式によるアクセシビリティが失われるからです。つまりリゾームは存在者にとっての場所=関係でなくなり、各々の形式が、内容に関する経験的な形式となって、まさに経験的内容によって、制約されます。ある経験的存在者に関する、同じ内容に関する形式は、複数存在しえません。

こうして、存在そのものだった諸形式の交差は、(離散する諸領域内の)存在者から絶対的に切断され、認識論的なものとなります。同時に間世界的存在者は、世界内存在となります。抽象的である限りで無制約的だった形式の個数が、有限個へと制約される。あるいは、もし経験において諸形式の交差が可能だとしたら、それは同一な内容をもつパラメータということになるが、経験的には、同じパラメータにおいて二つの異なる値を取ることは出来ないため、結局は不可能です。

この存在論的リゾームにおけるその形式の交差点が、もし特異な点であるならば、それは経験的に言えば複雑な状態であり、従ってそれを巡って経験化しつつあるセリーが、それに関して互いに交差不可能であるような、問題的な点となるでしょう。特異点にはセリーが対応するのであって、それを通るのではない、という意味の論理学におけるドゥルーズの記述の意味がここで明らかになると言えるでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。